印鑑のセキュリティレベル

イメージ画像

認め印、もしくは三文判というとイメージとして重要度は低いですよね。手軽に手に入れて気軽に使えるので、深く考えずに押してしまいがちです。実際なにかの契約や重要な手続きの際にはシャチハタでは断られることもあります。

しかしハンコである以上、どんな印鑑でも「捺印」すれば、“「捺印した者は文書の内容を間違い無く確認し了承しました」という意思表示”ととられます。だからいくつか持っている認め印のひとつだからと、むやみに押してしまうのは危険なことです。

シャチハタじゃダメな場合があると書きましたが、さてどうしてなんでしょうか?「誰が捺印したのか」という証明の精度(セキュリティ)の問題です。

シャチハタでも名前が彫られている以上は誰が捺印したかを証明する働きをしますが、大量生産であるために、同じ名字の人ならまったく同じ印鑑を持っているかもしれないということになります。
それは「誰が捺印したのか」という証明、つまり照合性の面でセキュリティが弱いということです。

ハンコをポンと押したときに紙に付く形や文字を「印影」といいますが、書類に押された印影と持っているハンコを照合して捺印した本人であるかを確認するのです。いわば鍵と同じです。

契約内容が重要になるほどセキュリティも厳重にするのがあたりまえですよね。だから重要な契約や手続きのときに、セキュリティレベルの低い印鑑では不適当とされるのです。では高いセキュリティレベルが求められる印鑑って、例えばどんな「印鑑」でしょうか?

このページの先頭へ