自分以外が持っていない印鑑

実印イメージ

「ハンコ」はそのハンコが持つ効力によって呼び方が決まります。
ハンコがどんな効力を持つようになるかは、持ち主がどんな使い道にするかで決まります。

認め印はひとりにつき何個でも持っていていいと書きましたが、ひとつだけしか持つことができないハンコもあります。
それが「実印」です。

「実印」ってよく聞くけどどういうもののことでしょう?

「実印」というのは、住んでいる土地の市役所や区役所で「印鑑登録」という手続きを済ませたハンコの呼び名です。
正確にはハンコを押した書類を提出して、印影を登録します。
「これと同じ印影のハンコを持っていたらわたし本人ですよ」という証明を国にしてもらえるようにです。

きわめて重要な契約や手続きの場合実印で捺印することを求められますが、そのとき印鑑登録した役所で「印鑑証明書」を発行してもらって、捺印した書類に添付して提出します。
「この書類に押した印影は間違いなく実印の印影と同じですよ」ということを証明してくれるのが「印鑑証明書」です。

このように、実印はハンコの中で最も精度の高い個人証明の効力を持ちます。
だけどいくら照合システムが厳重でもハンコのセキュリティレベルが低いものだと意味がありません。
高いセキュリティレベルを持つハンコというのはつまり、同じ印影のはんこを自分以外の誰も持っていないハンコのことです。

シャチハタや、文房具屋さんとかホームセンターとかで売られている既製品では実印にはふさわしくありません。

ページの先頭へ