印鑑を実印として登録する

イメージ画像

「実印」は最初から実印という印鑑があるわけではなくて、持ち主が所定の手続きによって「実印にする」ものです。

まずは実印にするのにふさわしいと思う印鑑を選ぶ、もしくは購入することから始まります。既製品ではよくないという話をしましたが、じゃあどうやって買うのかというと、ハンコ屋さんに注文してオーダーメイドで作ってもらうのです。そう聞くとなんだか高額になりそうなイメージがありますけど、探せば安くていいものがあります。価格は選ぶ印材や、彫ってもらう文字の書体や文字数、そのショップのサービスによって変わるものですから、いろいろ見較べてみるといいと思います。インターネットで通販もできますから、まずはサイトを検索して調べてみてはいかがでしょうか。

印材というのはハンコの材料にするものです。動物の骨や牙、木や、石などに姓名を彫刻してハンコにします。せっかく印鑑登録したのに、ハンコ本体が劣化して印影が変わってしまうと照合できなくなってしまうので、耐久性のある強い印材を選びましょう。プラスチックとか、ゴム印はすり減ったりインクがにじみやすくなったりするのでよくありません。

たいていのショップで実印に最適な印鑑が「実印用」として提案されているはずなので、その中から選べば間違い無いと思います。

ハンコが出来上がったら役所に持って行って印鑑登録の手続きを済ませれば「実印」の完成ですが、保管にはくれぐれも気をつけなければいけません。ハンコはどんなハンコも慎重に扱うべきですが、実印や金融機関との契約印などは特に厳重にしましょう。

このページの先頭へ